はじめまして!よこてんです(1)。

みなさん、はじめまして。管理者のよこてんです。生まれたときから鉄が好き!そのキャリアは50余年!ここでは、愛してやまない鉄の魅力を伝えていきたいと思います。

まずは、わたくしが鉄と出会った最初の場所をご紹介しましょう。

ここが管理者の初めて鉄と出会った思い出の地点です。自宅から大人の足で10分ほどでしょうか。「電車どころか、線路も写ってないやん!」と思われるでしょう。実は、以前この場所に広大な操車場があったのです。

管理者は、いわゆる「撮り鉄」ではないので、気の利いた写真が少ないことをお許しください。古い写真になりますが、先ほどとほぼ同じ場所です。DE10型が貨物を牽引してやってきました。これから貨車を行先別に分ける「突放作業」が行われます。列車は、一旦写真の右側にあたる八尾駅方面に向かったあと、今度は「推進運転」、機関車が最後尾になり貨車を押していきます。機関車は、適当なスピードがついたところでブレーキをかけます。その際、あらかじめ誘導係によって連結を解かれた貨車のみが自走していきます。誘導係は足で貨車のブレーキを操作しながら、ポイントをわたり、他の貨車と連結され貨物列車の編成ができあがっていきます。

吹田第一機関区所属のDD51初期型です。現在のおおさか東線にあたる城東貨物線を通って貨物を牽いてきたのでしょう。一旦、任務を解かれ、このあと写真左側にある機関区でしばし休憩となります。

こちらが、その全容図です。機関区、客貨車区、そして貨物ヤードがありました。
さつまいものようなかたち、そのいちばんふくらんだ部分に「久宝寺駅」はありました。上りホームと下りホームが大きく離れた駅は、全国的にも珍しいのではなかったかと思います。

客貨車区のあった場所にはC57型蒸気機関車の動輪のモニュメントがおかれています。

現在の久宝寺駅は、近代的な橋上駅舎へと変貌をとげています。
もう少し、周囲を探索してみましょう。

はじめまして!よこてんです(2)。に続く。

Follow me!